重要度の高いビデオカメラの手ブレ補正について

ビデオカメラでの撮影において、手ブレ補正の機能は欠かせないといえます。
動いている被写体を追ったり、自分が移動しながらの撮影では、どうしても手ブレが発生してしまいます。
また、ビデオカメラを持つ人が、足場の悪い不安定な場所で撮影する場合にも撮影者の体が揺れやすいため、
手ブレの原因になります。
そのような状況での撮影であったとしても、手ブレ補正機能を使用すれば、
被写体がブレることなく撮影することができるのです。

「光学式による手ブレ補正」
光学式による手ブレ補正機能は、手ブレが起こった際にセンサーがそれを感知して、
それに合わせてレンズと撮影素子を動かすことによって手ブレを補正します。

「電子式による手ブレ補正」
電子式による手ブレ補正機能は、手ブレが起こった際に画像処理を施して手ブレを補正します。

「アクティブモードによる手ブレ補正」
アクティブモードは、縦の動き、横の動き、回転の動き、
移動しながらの撮影の動きに対応した手ブレ補正機能になります。
この機能は、大きな動きに対して効果を発揮するため、
撮影者が乗り物などの動いているものからの撮影の場合などに最適です。

レンタルなら、いつでも手軽にビデオカメラをご利用することができます。
マップレンタルなら、必要な日数だけレンタルすることができるので、とても経済的です。
ご使用用途に合わせて、最適なビデオカメラをお選びください。