遠くの被写体はビデオカメラのズーム機能を使いましょう

ビデオカメラを使って遠くの被写体を撮影することも多いと思います。
遠くの被写体を普通に撮っていては、ぼやけた映像になってしまいます。
ですから、遠くの被写体の撮影の際には、ビデオカメラに搭載されているズーム機能を活用する必要があります。
ズーム機能を使うことで、遠くの被写体もアップで撮影することが可能になります。
ここでは、「光学ズーム」と「デジタルズーム」といった2種類のズーム機能について説明していきます。

「光学ズーム」
光学ズームは、ズーム機能を使用しても画質が劣化しにくいといった特徴があります。
これは、ズーム時にレンズが動くことによって、焦点距離を撮影素子に合わせていくからです。

「デジタルズーム」
デジタルズームは、撮影する映像をデジタルで処理することによって拡大させるため、
画質はズームの倍率に比例して劣化していきます。

「光学ズーム+デジタルズーム」
各メーカーから、光学ズームとデジタルズームを組み合わせた
高機能のズーム機能を備えた機種が登場しています。
これにより、光学ズームで撮影できる範囲を超えた場所にある遠くの被写体でさえも、
高画質で撮影することが可能になります。

ビデオカメラは、レンタル利用でお得に使ってみませんか。
マップレンタルでは、ビデオカメラを各種ご用意しているので、用途に合わせて選べます。
リーズナブルな料金で1日から手軽にご利用できるので、ぜひご活用ください。