コンパクトでお手軽さ重視のカメラをレンタルするなら

旅行先にはフラッシュメモリタイプ

多種多様なものが発売されています。
プロが使用しても業務用と遜色ないものもありますし、コンパクトなものもあります。
現在はビデオカメラもレンタルする時代になっています。
目的や撮影時間、場所に合わせて選びたいものです。

コンパクトな小型タイプのものであれば、フラッシュメモリーカメラがおすすめです。
近年発売されているものはこのタイプが主流になっています。
記録メディアにフラッシュメモリーを採用することにより、
スリムで持ち運びもしやすく、旅行に行く時も荷物としてかさばりません。
また、コンパクトかつ軽量に仕上げる事ができるため、
女性が長時間手持ちで撮影しても手が疲れないという利点もあります。
また、記録メディアのフラッシュメモリー自体が小さくて場所をとらないので、
何枚も予備を持ち歩いても邪魔にはなりません。
旅行などに行く時に数日撮影する分の予備のメモリを持ち歩いても、
かさばらずに長時間撮る事もできるので便利ですね。

長時間の撮影にHDDタイプ

すでに何時間も撮影する事が決まっている場合には、
HDD内蔵タイプのものがその実力を発揮します。
一定の記録領域(HDD)を内蔵しており、
その容量はDVDの10~100倍という記録領域がビデオカメラの中にあります。
旅行で数泊する事がわかっていて長時間撮影する事がわかっている時は、
HDDビデオカメラを選ぶと良いでしょう。
また、それだけの記録領域を内蔵しておきながらも、
小型で軽量なのはフラッシュメモリーのビデオカメラと変わりません。
長時間撮影できるものは大きくてかさばりそうなイメージがありますが、
その悩みも解決です。
ただし気をつけたいのはバッテリーの問題です。
小型でコンパクトなビデオカメラのバッテリーというのは、
大容量のものでも3~4時間しかもたないものが多く、
予備のバッテリーを持ち歩く必要があるという事です。
しかし、コンセントから電源の供給ができる場所で撮影できるのならば、
バッテリーの交換は不要なので安心です。