運動会おすすめの交換レンズ

画像

今年の運動会は失敗しない!

「一生懸命に走っている姿を上手に撮りたい」

「競技中のかわいい笑顔をキレイに残したい」

運動会は子供の行事で重大イベントのひとつであり、徒競走などで駆け回る 子供の晴れ舞台を親御さんは撮影するのが定番です。

スマホでもキレイな写真は撮れるようになりましたが、今しかない瞬間をより美しく残すにはやはり画質や表現力優れたカメラをおすすめします。

多数ある交換レンズの中から、運動会で人気のある交換レンズをご紹介します。

今年の運動会は、子供の最高の瞬間を切り取ろう!

運動会撮影成功のカギは
事前準備にあり

お子様など自分の撮りたい被写体を、思い通りの構図や大きさで撮れるかは、カメラを構える場所
(被写体との距離)
×レンズの長さ(レンズの焦点距離)でほぼ決まってしまいます。

本番当日に頑張って撮る!のはもちろん、会場チェックや適した機材選びとその手配など、撮影者の運動会はそれ以前から始まっています。

お手元のカメラのレンズは何mmでしょうか。
キットレンズでよくある135mm(35mm換算)くらいだと思い通りの構図では撮れないかもしれません。

運動会やイベントが重なる時期には、人気の機材や焦点距離レンズは多数のお問い合わせをいただきます。
余裕を持った期日で前もってのお申込み・ご予約をおすすめ致します。

1. 被写体までの距離
(20m以下がおすすめ)

運動会の撮影は競技によって距離が変わることはもちろん、保護者席/観客席または撮影許可席のレイアウトは千差万別でルールも学校ごとに異なり、うまく撮るポイントは一概には言えません。

例えば下の図のような幼稚園の場合はそもそもの会場が大きくないので、被写体となる子供との距離は比較的近いでしょう。

今回はこの幼稚園の環境において子供がどのくらいの大きさで写るかというイメージを掲載しました。
レンタルレンズの焦点距離選びの参考にしてみてください。

2. 焦点距離別撮影イメージ
(35mm換算)

*フルサイズのセンサー機では焦点距離約280mmのレンズを使って、横位置なら例えば身長1.3mの子供が頭からつま先まで入る計算になります。

被写体までの実距離が15mあると600mm相当の望遠レンズでも顔アップまでは厳しいです。被写体に近づくか、テレコンでさらに焦点距離を伸ばすなどしてください。

会場が広く被写体まで遠い場合も…

運動場が広い場合はなおさら焦点距離の大きいレンズが必要になる可能性があります。 学校の案内を事前に確認して、想像だけでなく適切なレンズを用意しましょう。 当日は万全の準備でお子様の雄姿の撮影に臨みましょう。

各マウントの
おすすめレンズピックアップ

4,100 円
77 mm, Canon, キヤノンEFマウント, ズーム, 16群21枚, ○, 4.5, φ94×193 mm, 0.31倍, F32, 0.98 m, 焦点距離:100-400, 焦点距離 望遠側: 400, 24°~6°10’, 望遠, 1570g

【商品の特長】

光学特性に優れ、色収差を抑える蛍石レンズ1枚とスーパーUDレンズ1枚を含む16群21枚からなる最新の光学設計により、焦点距離100-400mmのズーム全域において、画面周辺部まで高画質を実現しています。さらに、垂直に近い角度で入射する光に対して大幅な反射防止効果を発揮するキヤノン独自の新開発コーティング技術「ASC(Air Sphere Coating)」を採用し、フレア・ゴーストを大幅に抑制しています。

また、ズーム方式を直進式から回転式へと変更になりホールディングバランスを良好に維持したままの撮影が可能です。


5,000 円
77mm, Canon, キヤノンRFマウント, ズーム, 14群20枚, ○, 4.5-7.1, 約93.8×207.6mm, F51, 0.9m(100mm時), 焦点距離:100-500, 焦点距離 望遠側: 500, 20°~4°・14°~2°45′・24°~5°°, 望遠, 1370g

【商品の特長】

軽量ながら100~500mmのズーム域を実現した超望遠ズームレンズが登場。Lレンズならではの描写性能に加え、手持ち撮影を強力にサポートする手ブレ補正効果を備えるなど、望遠撮影の可能性を拡げる一本です。


2,600 円
67mm, FUJIFILM, フジフイルムXマウント, ズーム, 12群17枚, ○, 4, 75mm x 132.5mm(W端)/?75mm x 205.5mm(T端), 0.33倍, F22, 0.83m, 焦点距離:70-300, 焦点距離 望遠側: 300, 22.9°-5.4°, 望遠, 580g

【商品の特長】

中望遠70mm-超望遠300mm(35mm判換算:107mm-457mm相当)の焦点距離を備えています。望遠側の幅広い撮影領域を1本でカバーするズームレンズでありながら、長さ132.5mm・質量約580gの小型軽量を実現。強力な手ブレ補正機能も搭載しており、スポーツ撮影やネイチャーフォトなどで威力を発揮します。


4,500 円
-, Nikon, ニコンZマウント, ズーム, 11群17枚, -, 4.5, 約79mm×103mm, -, -, 0.2 m, 焦点距離:100-400, 焦点距離 望遠側: 400, 110°, 望遠, 597g

【商品の特長】

広範な撮影領域をカバーする、NIKKOR Z 初の超望遠ズームレンズ。画面全域で色収差を効果的に抑制しており、クリアーな画像が得られます。最短撮影距離が0.75mと短く、被写体に思い切って近づくことも可能。また、Z 9の「動物AF」/「乗り物AF」と組み合わせると、遠く離れた、動きの速い野鳥や自動車、列車、飛行機などもより確実に捉えられます。ズーミングによる重心移動を抑える「重心移動レス機構」の採用、クラス最小のズームリング回転角で、レンズを持ち直すことなくズーム操作が可能。さらに、一般的な超望遠ズームレンズで発生しやすい自重落下を抑制しており、持ち歩きや上向きの望遠撮影も快適です。


3,800 円
67 mm, Panasonic, マイクロフォーサーズ, ズーム, 15群21枚, ○, 2.8, φ76.0×132.0 mm, 0.25倍, F22, 0.75 m, 焦点距離:50-200, 焦点距離 望遠側: 200, 24°~6.2°, 望遠, 655g

【商品の特長】

35mm判換算100mm~400mmの望遠ズームレンズにより、スナップ撮影から野生動物、スポーツ撮影まで可能です。また、大口径F2.8と高解像度を生かした人物のポートレートや動画撮影にも最適です。軽量・コンパクトで防塵・防滴仕様、耐低温(マイナス10℃)性能を備えています。またボディ/レンズ両方の手ブレ補正を最適に制御する「Dual I.S. 2」に対応し、暗所での撮影や、望遠時の手持ち撮影も可能となります。


3,000 円
67mm, SIGMA, ライカLマウント, ズーム, 16群22枚, ○, 5, φ86.0mm×199.2mm, F29, 112(W) - 160(T)cm, 焦点距離:100-400, 焦点距離 望遠側: 400, 24.4° - 6.2°, 望遠, 1135g

【商品の特長】

本格的な撮影に必須となる光学性能と機能とを凝縮しつつ、フィールド撮影に重要な軽量さとコンパクトさの両立を実現。最新技術を集結させた光学設計により、画面中心から周辺、そして全焦点域での高解像・高コントラストを実現。超望遠レンズだからこそ可能なボケと圧縮効果を活かした表現は、普段見慣れた風景も全く違うものとして切り取ることができます。この超望遠独自の画作りと、本製品の高い機動力が合わさることにより、日常からフィールドまであらゆるシーンでの超望遠撮影の楽しみ方と可能性が広がります。望遠レンズにチャレンジしてみたい方から、望遠レンズを知り尽くした方まで、様々な楽しみ方に間違いなく価値を提供できる“ライトに楽しめる超望遠ズーム”です。


4,500 円
77 mm, SONY, ソニーEマウント, ズーム, 16群22枚, ○, 4.5, φ93.9 × 205 mm, 0.12-0.35 倍, F32, 0.98 m, 焦点距離:100-400, 焦点距離 望遠側: 400, 24°-6°10', 望遠, 1395g

【商品の特長】

スポーツや野生動物の撮影で求められる400mmの超望遠域をカバーするズームレンズ。シャープな描写だけでなく、決定的瞬間を逃さず捉える高速・高精度なAF駆動を両立し、撮影領域をさらに広げる1本です。機動性・信頼性・操作性にも配慮し、幅広い撮影ジャンルでプロフェッショナルの要望に応えます。さらに、1.4倍と2倍の高性能テレコンバーターにも対応しています。