ビデオカメラを記録方式と記録メディアで選ぶ

ビデオカメラを選ぶ際に、記録方式と記録メディアを参考にすることができます。
それぞれの記録方式と記録メディアによって特徴が異なりますから、ご自分の目的に合わせて選ぶ必要があります。

「記録方式について」
下記が、代表的な記録方式になります。
・DVテープ方式……MiniDVテープに記録する。
・DVD方式……8cmのDVDメディアに記録する。
・ハードディスク方式……内臓のハードディスクに記録する。
・SDカード方式……SDカードなどに記録する。
他に、AVCHD、MP4といった方式があります。

「記録メディアについて」
下記が、代表的な記録メディアになります。
※カッコ内は、録画時間になります。
・メモリー(SDカードなど)……(4GBで約40分)
・ハードディスク……(30GBで約10時間)
・Blu-ray/DVDディスク……(8cmDVDで片面30分)
・miniDVテープ……(60〜80分)
最近の主流は、内蔵メモリー+外部メモリータイプのものになります。

ビデオカメラを使用して、特別な日を映像として残してみませんか。
マップレンタルでは、各種ビデオカメラを1日からレンタルしています。
リーズナブルなレンタル料金のため、どなたでも手軽にご利用することができます。