紅葉をビデオ撮影する際に気をつけること

旅行などで風光明媚な観光地を訪れると、その雄大な景色を
綺麗な映像に残したいと思う人は少なくないでしょう。
特に、秋に見られる色鮮やかに紅葉した木々の美しさは
日本の四季を視覚的に感じられる光景の一つだと言えます。
ここでは、そんな紅葉の美しさをデジタルビデオに
収めるためのコツを見ていきたいと思います。

紅葉を撮影する際のポイント

紅葉を綺麗に撮影するために気を付けることは、
見たままに撮るということです。美しいと感じたら
その場でビデオカメラを構え撮影します。
ズーム機能などはあまり使用しない方が見やすいでしょう。
ひとつのシーンの長さは比較的短めにおさめ、沢山のシーンを
アングルを変えて撮影することで、紅葉の多彩な表情を
いろいろな視点から記録する事ができ見やすい映像になるでしょう。

逆光を利用した撮影

紅葉を撮影する際のおススメのテクニックとして、
逆光を利用して撮影するという方法があります。
ビデオや写真の撮影では、順光で撮影するのが基本ですが
あえて逆光で撮影する事で、紅葉の美しさはさらに際立ちます。
通常の順光での撮影では、葉の表面しか写すことができませんが
逆光の位置から、光が色づいた葉を透けて通るように撮影すると
表面からは見えなかった紅葉した葉の色素や葉脈を
鮮やかに記録することができるのです。
こうした逆光での撮影は、紅葉だけでなく初夏の新緑や草木を
撮影するのにも有効な方法だと言えます。