プロジェクターの明るさを表す「ルーメン」とは何か

プロジェクターの性能を表すものに「ルーメン」というものがあります。
このルーメンは、プロジェクター選びの基準にすることができるので、
プロジェクター選びの際に参考にすることができます。


「ルーメンとは?」

ルーメンとは、光の量を計測する単位になり、表記は「lm」になります。
点灯したローソクを1メートル先に置いた時に、手元で確認できる明るさのことをいいます。
1000ルーメンなら、1メートル先に1000本のローソクが置かれている明るさを意味します。
ルーメンの数値が高い程、明るい部屋でも鮮明な映像を映し出すことができます。


「選ぶなら何ルーメン?」

最適なルーメンの基準は、プロジェクターを利用する部屋の暗さによっても変わってきます。
持ち運びにも負担にならない重量が2キロのモデルのルーメンは、2000〜3000ルーメン程度になります。
この数値内であれば、照明を落とさずとも視聴に支障がないため、
プロジェクター選びは2000〜3000ルーメンを基準にすることができるでしょう。

マップレンタルでは、様々な用途に使用することができる各種プロジェクターのレンタルを行っています。
1日からレンタル可能なので、単発のセミナーや会議にご利用いただけます。
プロジェクター及びスクリーンをリーズナブルなレンタル料金でご提供します。