プロジェクターにおけるスクリーンの種類

あらゆるビジネスシーンで活躍しているプロジェクターですが、
映像を映し出すスクリーンに種類があることはご存知でしたか?
スクリーンは、その種類によって見え方の異なる映像を映し出します。

ここでは、それぞれのスクリーンの特徴について説明していきます。


「マット系」

入射光を全ての方向へ均等に拡散することができるため、
どの角度からも同様の映像を見ることが出来るスクリーンになります。


「グレイマット系」

マット系の弱点であった迷光に対して対策が施されたスクリーンになります。


「ビーズ系」

明るい部屋でも視聴できることが特徴の超微粒子のガラスビーズを塗布したスクリーンになります。


「グレイビーズ系」

リビングに設置する際に問題になる迷光に対して優れた対策が施されたスクリーンになります。


「パール系」

天井からの投射で、明るさやメリハリのある映像表現が可能になるスクリーンになります。


「サウンド系」

映画館でも使用されているスクリーンと同構造で、
背後に設置したスピーカーの音をスクリーンを通して聞くことができます。


マップレンタルは、プロジェクター及びスクリーンのレンタルを行っています。
レンタル料金は1日3,000円からと、とてもリーズナブルな料金でご利用いただけます。
各種メーカーのプロジェクターから、お客様の用途に合わせてお選びください。