プロジェクターを企画デザインで活用する

企画デザインや会議でイメージも共有

会議での企画デザイン共有においても、プロジェクターは大いに役立つことになります。企画デザインや会議では、参加者の意見もその場で共有したいですし、
そこから生まれるアイデアも、できるだけスムーズに反応させたいものです。
プレゼンは高画質が良いのですが、「プロジェクター操作マニュアルは読むのが大変」
といった本音もあります。
しかし、企画デザインなどの会議においては、「できるだけわかりやすく」するため、動画でのイメージもなるべくなら共有したいものです。
そんな場合、まず動画ストリーミング再生が可能です。
これにより再生は高精細画質であり、コマ落としなどの発生も、ほぼないものとなります。フルHD解像度においても、しっかり対応しています。
HDMIのフルHD解像度の映像出力にも対応可能であるため、
大きなディスプレイ画質も、最も良い状態での活用が可能です。
しかもアバログVGA端子もあるので、
今までの機器でも互換性に不安を持つことがありません。

企画デザインや会議での共有の解決

企画デザインや会議での解決としては、ほかにも考えられる点があります。
そもそも操作をする人自体が、Macユーザーであった場合はどうなるのでしょうか。
それで利用ができないとか、操作が理解しにくいのであれば、
それはメリットとは言えませんが、Macにも対応していますから安心です。
そのため、Windowsと同様です。
wiviaによい画面投影をすることが可能です。
HDMIであってもVGAなどの変換コネクターも必要でなく画面表示は簡単にできます。
取扱操作マニュアルの理解に不安を感じることもないでしょう。
シンプルな回答かもしれませんが、
操作画面はとてもやさしいといえるものです。
操作画面が簡単であるため、利用できる人間を限定することがありません。
意外かもしれませんが、一目見れば、利用方法もすぐに理解できるので、
誰でも操作は可能です。