プロジェクターを研修で活用する

今やプロジェクターは必須

現在では研修やセミナーではパワーポイントなどのスライドを作成して、
それをプロジェクターで投影することが一般的です。
これは、視覚に訴える方法です。
「言葉で説明するよりも簡単に理解してもらえる」のが、
世の常識となってきていることが背景となっています。
言葉で聞くものは人の感覚によって誤解を招きやすく、
想像力に乏しい場合はどれだけ雄弁なスピーチであっても、
それを想像することができません。
一方でスライドショーなどのように大画面へプロジェクターで投影すると、
視覚的に訴えることができるため、
上記のような想像力が乏しい人でも理解しやすくなります。
また、図説などは言葉で伝えるよりもはるかに効率が良いため、
現在のセミナーや研修などのプレゼンにおいて、
スライドショーはなくてはならないものであり、
投影するプロジェクターは必要不可欠です。
情報の殆どは目から入るといわれていることもあり、
研修やセミナーなどビジネスシーンでプロジェクターを使用することは非常に有効です。

司会者にとってもありがたい

司会をする人が大事なのは言うまでもありません。
ただ、司会者は話を聞かせるので、
「言葉をよく知っていなければならない」そして
「話をするタイミングなど緻密に計算できる人」でなければ、
なかなかやりおおせることが難しいです。
言葉では全員を惹きつけることは非常に難しいですが、
それをプロジェクターに映し出された映像であれば、参加者も目を奪われるでしょう。
多少司会進行が下手であっても、原稿をパソコン上などに用意できたり、
スライドを変化させてみたりすることで、
不足している能力を十分補うことができるのです。
現在ではスマートフォンが主流になってきているので、
原稿の一部抜粋を機器に保存してプレゼンをすることも多くなっているようです。
すなわち、最新の機器を使用することでより良いプレゼンが可能となり、
より効果的に参加者に対して影響を与えることができるようになるのです。
不得手の部分を隠すだけではなく、逆に出来るように思わせることが可能になります。