プロジェクターを学校説明会に活用する

オープンキャンパスとプロジェクター

学校説明会やオープンキャンパスは、学校への関心を深めることを目的に行われます。
学校を公開するだけでなく、学校の特色をイベントなどで知ってもらうことが大切です。
プロジェクターを使用すると、
大型のスクリーンからさまざまな学校の取り組みを理解できます。
体験入学だけでは知ることができない学期の学習活動や学習内容を、
プロジェクターから映し出される映像から知ることができます。
オープンキャンパスは高3や高2の夏休み、高3の1学期に実施する学校が多いので、
早い時期から参加することで早期に進路・進学について考えることができます。
積極的な取り組みにするために、いろいろなイベントが開催されますが、
キャンパス見学ツアーでは先輩がガイド役になって説明します。
プロジェクターを活用すれば、生徒の学校に対する評価や関心が深まります。
入試説明会でプロジェクターを利用すると、入試のポイントも一目瞭然にわかり、
生徒にとってもプラスになります。

プロジェクター活用のメリット

学校説明会やオープンキャンパスでの模擬授業でプロジェクターを活用すると、
授業風景だけでなく、授業の内容や入試に役立つ情報も知ることができます。
学校全体の説明から、学部・学科・コース内容、就職支援体制や就職実績などを、
データとして知ることもできます。
奨学金制度などの学校独自の説明も、プロジェクターを通して分かりやすく説明できます。
プロジェクターは、学校説明会やオープンキャンパスのガイド役をします。
交通、施設設備、卒業後の進路、入試、学費、教育システムなどの情報は、
映像を通じて知らせるほうが効果的です。
学校説明会のポイントは、様々な情報を的確に伝え、学校への関心を高めることです。
学校案内のパンフレットだけでは知ることのできない、
学校独自の個性や特色を知る良い機会になります。
そして受験生にとって、気になる学校をじっくりと観察する機会につながります。