舞台演出の中にプロジェクターの映像を組み込む

プロジェクターを使って舞台を華やかに演出

演劇など舞台上で行うイベントには、視覚的な演出が数多く使用されています。
特に人気の手法となっているのが、「プロジェクター」を使った画像・映像投影です。
以前はフィルムから取り込んでスクリーンに投影する手法が主流でしたが、
近年ではパソコンやビデオカメラ等から取り込んだものを使えるようになったため、
より多くの舞台公演で取り入れられるようになりました。
華やかな演劇を一層盛り立てる映像表現は、舞台には欠かせないものと言えるでしょう。

舞台上でのプロジェクター活用方法

舞台での映像表現には、様々な可能性があります。
例えば、映画やドラマのようなオープニング・エンディングを用意して期待感や感動を高める、
幕間の時間をつなぐために演目内容をイメージした映像を流す、
リアリティを追求したり、ファンタジックな雰囲気を醸し出す背景を投影させるなど、
多くの活用法が考えられます。
プロジェクターの精度によっては、スクリーンだけでなく壁面にも映写できるので、
これから機材を用意する場合は、使い方を考慮した上でプロジェクターを選びましょう。

プロジェクターはレンタルも可能

2015年現在でも、まだまだプロジェクターは高額な機材です。
プロジェクターを用いた演出に興味はあるが、費用の問題で導入がためらわれる…
という場合もあるでしょう。
そのようなときには、プロジェクターのレンタル利用がおススメです。
多種多様なラインナップから選べてリーズナブルに利用できるシステムなので、
会場の広さ・明るさなどから最適なアイテムを気軽に試すことができます。
映像の楽しさを舞台にプラスして、華麗なひとときを創り出しましょう。