ビジネスシーンにおけるプロジェクター活用例

欠かせないビジネスツールとなったプロジェクター

今やビジネスの様々なシーンで欠かすことのできない存在と
なりつつあるプロジェクター。大規模な会場での資料投影の際は
もちろん、取引先へのプレゼン、社員研修、最近では社内会議などの
日常的な業務においても積極的な活用が進められています。
また近年その性能が大幅にアップしており、活用の幅の広がりが
大きく期待されています。

小型軽量化するプロジェクターの活用例

近年、新しく発表されるプロジェクターの傾向としては「小型軽量化」が
挙げられるでしょう。LED光源などの新しい技術を導入することで、
機能や明るさはそのままに本体を小さくすることが可能になりました。
そのため、今まで会議室や講堂に備え付けることが当然だったのが、
様々な場所に持ち運ぶことも簡単に行えるようになりました。
このように小型軽量化の進んだプロジェクターの活用例としては、
会議室から会議室へと持ち運ぶことはもちろん、取引先にまで携帯して、
出先で質の高いプレゼンテーションを行うことも可能です。

短焦点プロジェクターの活用例

また小型軽量化とともに近年、欠かす事のできない機能になりつつあるのが
「短焦点」です。今まで、大きな会議室や講堂などで大画面映像を投影するのが
主だったプロジェクターですが、レンズ式やミラー反射式と言われる方式を
採用することで短焦点を実現した機器が多く生まれています。
こうした短焦点プロジェクターの活用例としては、今まで設置の難しかった
小さな会議室などスペースの限られた場所での使用が考えられるでしょう。
短焦点機能によって歪みのない画面で映像を投影する事が可能になりました。

マップグループでは、このように様々なビジネスシーンで活用可能な
プロジェクターのレンタルを行っております。
ご興味のある方はぜひ一度お問い合わせください。