プロジェクターの活用で授業が変わる

情報器技術の発達で変わる教育現場

スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末の高機能化や
通信速度の高速化、通信データの大容量化など情報技術の発達は
留まるところを知らず、私たちの生活をどんどん便利にしてくれます。
このような波は、学校などの教育現場にも押し寄せており
国では今後全国の小中学校にタブレットなどモバイル端末を活用した
デジタル教科書を導入することを検討しています。

プロジェクターの活用で生徒たちの興味を喚起

先生が黒板にチョークで板書し、それを生徒たちがノートに書き写す。
そんな教室での当たり前の風景が大きく変わろうとしているいま、
その変化に先駆けて、プロジェクターを活用した授業を行い
生徒たちの教科への興味を喚起し、大きな成果を上げている先生がいます。
ここでは、そんなプロジェクターを活用した授業の例を見ていきましょう。

授業に活気と発見を生むプロジェクターの活用

大画面で画像や映像を見ることができるプロジェクターの特徴は、
資料や図版を多く使用する理科や社会の授業の大きな助けとなります。
例えば、社会の授業で資料となる映像をプロジェクターで流せば
文字だけの教科書にはない強いインパクトを感じることができ
生徒たちの興味が喚起され、授業に活気が生むことができます。
また理科の授業で、生物の特徴や化学変化の過程を記録した画像を
プロジェクターで投影し皆で大画面を使って見ることができれば
教科書とノートだけの授業にはない新たな発見ができるでしょう。
さらに、社会や理科のように図版や資料を用いるわけではない
算数などの授業でも、問題を黒板に投影し、その上から生徒に答案させ
板書の手間を省くなどプロジェクターの授業での活用方法はさまざまです。

マップレンタルでは、このように授業を盛り上げるのに最適な
プロジェクターのレンタルを行っています。
ご興味のある方は一度お問い合わせフォームよりご連絡ください。