プロジェクター選びのポイント

プロジェクターの活用は今やビジネスの常識

プレゼンやセミナーでのプロジェクターの活用はビジネスマンにとって
今や常識となりつつあります。
プロジェクターの効果的な使用は
プレゼンのクオリティー向上や会議資料の削減にもつながります。
そんな有用なプロジェクターを選ぶ際にはどんな事に気を付ければ良いのでしょう?
ここでは、そのポイントを紹介します。

プロジェクター選びの3つのポイント

1.明るさ(ルーメン)
明るさは、プロジェクターを選ぶ上で非常に大切なポイントです。
光の量を表すルーメンという単位で示された値を参考に選びます。
オフィスのようなあまり暗くできない場所で使用する場合は
ルーメン値の高い機種を選ぶことで、明るい場所でも鮮明な映像を投影できます。

2.解像度(画面のきめ細かさ)
解像度とは、映像や画像のきめ細かさを表す数値です。
プロジェクターの場合、横×縦の数値で示され数値が高ければ高いほど、
表示できる情報量が増え画面の見やすさが上がります。
鮮明な映像や画像、細かな文字などを投影したい場合は
解像度の高い機種を選ぶ必要があります。

3.携帯性(サイズ・重さ)
特定の場所でしか使わないのであれば、気にする必要がありませんが
「得意先にプロジェクターを持ち込んでプレゼンをしたい」という場合や
「いくつかの会議室で共同で使用したい」という場合は、
持ち運びに適したコンパクトな機種を選ぶ必要があります。
例えば、外出先に持ち運ぶ用途で使うなら、2キロ未満の機種が良いでしょう。

使用環境に合った機種を選ぼう

この他にもスクリーンの大きさや接続する機器の種類など
プロジェクター選びにはさまざまなポイントが考えられます。
しかし、大切なのは使用環境に適した機種を選ぶことです。
プロジェクターの用途をしっかりと吟味しピッタリの機種を選びましょう。