プロジェクターを教育現場で活用する

学校でプロジェクターを活用する

プロジェクターはビジネスとして用いられるだけでなく、
義務教育中の児童の教育ツールとしての活用もできます。
従来の黒板の代わりにプロジェクターを使用することで、
白いチョークで書かれた文字ばかりで飽きてしまう授業を
劇的に楽しい学びの場に変えることができるのです。
特に小学生の場合は彩り豊かな画像・映像の方が
頭に入りやすく、学習意欲もわくことでしょう。
おまけに、黒板消しで消す手間もなければ、
チョークの粉が舞って教室を汚すこともありません。
また、座学の授業だけではなく、理科の実験や図画工作などの
細かい作業も大きく画面で映すことができるので、
クラス全員が同じ映像を共有し公平な授業が行えます。
プロジェクターを実際に導入されている小・中学校は
現在ではそれほど多くありませんが、市場の拡大は顕著です。

大学でプロジェクターを活用する

プロジェクターは大学の講義でも幅広く活用されます。
黒板を用いない講義を行えるのは小中高校と同じですが、
大学の場合はより複雑で高度な授業内容になります。
当然必要な参考資料も難しくなり、
板書では表現が難しい学科も出てくるでしょう。
さらに大学の教室は広いため、
後ろの人は何が書いてあるのか理解するのも困難です。
プロジェクターを使えば、パソコンやiPadなどの画面を
そのまま映すことができるため、拡大・縮小が自由自在にできます。
また、従来のポインターを使った講義は効果的ですが、
プロジェクターを使えば学生の方を向いたままで
重要な点を教えられるため、反応を覗い理解を促すことができます。