プロジェクターを展示会で活用する

展示会でのブースづくり

展示会では、当然の事ながら多くの競合他社が出展します。
そんな中で、ターゲットとする顧客の興味をひき、サービスや商品に関心を
持ってもらうためには、どのようなブースづくりを心がける必要があるのでしょう?

ブースづくりで気を付ける事

最初に気を付けなければならないのは「開かれたブース」にするという事です。
来場者に自社をアピールするためには、まず展示を認識してもらわなければなりません。
そのためには、視認性を高め、入りやすい「開かれたブース」にする必要があります。
次に気を付けるべきは「分かりやすいブース」にする事です。
そのブースはどこの企業が何を出展しており、何を伝えたいのか一目で分かるように
する事で来場者が足を止めやすくなります。

プロジェクターを活用したブースづくり

プロジェクターの活用は、そのような「開かれた」「分かりやすい」展示ブース作りに
大いに役立ちます。
明るく鮮明な映像で、大画面に企業ロゴなどを映し出せば遠くからでも良く見え、
ブースの視認性が高まります。
また主要製品やサービスについて伝えるメッセージやカスタマイズしたビデオ・セグメントを
流せば、来場者にとって「分かりやすい」ブースづくりが可能になるでしょう。
さらにブースでのプレゼンテーションの際、ビデオやサウンドを活用できるプロジェクターは
強力なツールとして活用できます。

このようにプロジェクターを活用する事で、コストを抑えた上で集客効果の高いブースづくりが
可能になるのです。