シンポジウムでプロジェクターを活用しよう

プロジェクターで意見交換を活発に

ひとつのテーマについて、立場や意見の違う専門家を呼び進行役の元、参加者の前で
公開討論会を行うシンポジウムですが、プロジェクターを活用する事で、さらに活発な
意見の交換を行う事が可能になります。

シンポジウムは酒席の議論?

もともと、シンポジウムとは、夕食後に行われる酒席を意味するギリシャ語に
由来する言葉で、お酒を酌み交わしながら行うような親しい雰囲気の中での
議論を指しました。
そのため、現代においても、立場や意見の違う専門家などの登壇者たちだけでなく、
参加者たちとの質疑応答が活発に行われる事が、シンポジウムの意義を
より深いものにします。
参加者に常に現在の議論の争点を示し、積極的な参加を促す工夫ができれば、
それは実現できるでしょう。

プロジェクターで参加を促す

プロジェクターの活用は参加者の自発性を高める大きな手助けとなるでしょう。
議論の争点をスクリーンに示したり発言者の意見を裏付ける資料を投影する事で、
参加者の理解の助けとなり、登壇者と参加者との距離が縮める事が出来ます。
プロジェクターを導入する事で、大きな会場であってもかつての酒席での親しげな議論を
再現できるのです。

マップレンタルでは、このようにシンポジウムで役立つプロジェクター及び
スクリーンのレンタルを行っています。
各種メーカーの様々な機能を持ったプロジェクターをご用意しております。
お客様の用途に合わせてお選びください。