プロジェクターを仕事で活用する

«プレゼンのマストアイテムに»
プロジェクターは会議や研修など
多くのビジネスシーンで導入されています。
プロジェクターを活用して大型スクリーンに
資料やさまざまなデータを表示しながら進行するのが、
会議やプレゼンテーションの
標準的なスタイルになりつつあります。
これまでの会議やプレゼンでは、
紙の説明資料が配布され、
参加者はどうしても手元の資料に目が行きがちでした。

しかし、ノートパソコンやプロジェクターの導入で
スクリーンに資料をわかりやすく投映すれば、
参加者がデータや資料に集中できる環境が整い、
プレゼンテーションや発表会などの場で
商品の特徴やサービスコンセプトを
明確にかつ効果的に伝えることができます。
さらに関連資料やデータを
マルチスクリーンで表示させることで、
より説得力を増したプレゼンテーションが可能となります。

«参加者の関心を引く»
また研修やセミナーでもホワイトボードの代わりに
プロジェクターを通して研修資料やを映すことで、
さまざまな観点から比較・検討を加えることができ、
参加者の理解や関心を深めるとともに
質の高いディスカッションやブレインストーミングにも役立ちます。

«コスト削減にも効果的»
パワーポイントで作成した資料をパソコンから
直接プロジェクターに接続するだけでよいので、
配布資料は必要最小限なものに抑えられ、
事前準備にかかっていたコストや時間を
大幅に削減することもできます。
ビジネスシーンで活用されるプロジェクターは
持ち運びやセッティングが簡単で、
どんな場所にも対応可能なコンパクトなものが支持されています。
レンタルでも利用することができるので、
シチュエーションにあわせて最適なものを選ぶことができます。