LED光源のプロジェクターの特徴

未来を照らす照明器具LED

2014年、3人の日本人科学者がノーベル物理学賞を受賞しました。
青色発光ダイオード=LEDの開発に対して贈られたこの名誉ある賞は、
いまだ閉塞感から抜け出せない日本社会に届けられた久々の
明るいニュースとなりました。同時に、このLEDの開発は
蛍光灯に代わる次世代の照明器具として大きく注目されています。
このように様々な可能性を持ったLEDは、照明器具だけでなく映像機器にも
導入が進められており、プロジェクターの光源としても活用が進んでいます。
ここでは、そんなLED光源のプロジェクターについてご紹介します。

LED光源のプロジェクターのさまざまなメリット

従来、高圧水銀ランプが使用されていたプロジェクターの光源を
R(赤)、G(緑)、B(青)のLED、もしくは白色LEDに変えることで
生まれるメリットにはさまざまなものが存在します。
例えば、光源の寿命ひとつとってみても、一般的に10,000時間前後で
交換が必要な高圧水銀ランプに対して、LED光源はその倍以上長持ちします。
また起動時間に関しても、今まで電源を入れてから映像を映せるようになるまで
数分のスタンバイが必要でしたが、LEDなら瞬時にフル点灯することが可能です。
さらに、LED光源の導入は、プロジェクターを小型でバッテリー駆動可能な
モノへと変えました。これは、ランニングコストの低いLEDを使用することで、
高電圧の供給が不要になり、電源回路への接続や放熱機構がいらなくなった為です。
LED光源のプロジェクターはこの他にも様々なメリットを持っており、
その技術開発は今後も進んでいくでしょう。

マップグループでは、このようにメリットの多いLED光源プロジェクター
だけでなく、様々な場面に対応したプロジェクターのレンタルを行っております。
ご興味のある方はぜひ一度お問い合わせください。