デジタル一眼レフカメラの構造について

デジタル一眼レフカメラの構造

デジタル一眼レフカメラの構造は、カメラ内にミラーを配置し、
レンズを通した画像をファインダー内で直接確認して、
ピント合わせができるようになっています。
デジタルカメラは、光を電気信号に変える撮像素子という部品を使用しています。
デジタル一眼レフカメラでは、撮影用のレンズを通った光は、
クイックリターンミラーという鏡を使って折り返され、
反射された光がファインダースクリーンに当たります。
光学ファインダーからは、ペンタプリズムやペンタミラーを通して、
この画像を見ることができます。
シャッターボタンを押すとミラーが跳ね上がり、
レンズを通った光はシャッターへ進みます。
同時にシャッターが開き、撮像素子に光が当たり、
センサーやフィルムに映像を記録することで画像を撮影します。
その後ミラーは元の位置に戻り、光学ファインダーで再び映像が見えるようになります。
つまりシャッターを切る直前に見ている光学ファインダーの映像と、
一眼レフで撮影する映像はいつも同じになります。

デジタル一眼レフカメラの特徴

一眼レフの構造のおかげで、撮影者は写る範囲や写り方を、
直前にファインダーで正確に確認することができます。
一眼レフはファインダーの映像も撮影レンズを通して見るので、
ファインダーで見た映像がそのまま写真になります。
デジタル一眼レフカメラの構造が、イメージ通りの画像が撮影できる理由になっています。
また一眼レフカメラはレンズ交換ができるカメラです。
シーンに合わせて最適なレンズを選び、装着することができます。
デジタル一眼レフカメラの構造上、どうしてもボディの容量が大きく、
重量が重くなってしまい、持ち歩きの負担となるデメリットがあります。
また構造上、ファインダーを覗き込む姿勢での撮影が基本なので、
コンパクトカメラと違って、地面すれすれの場所などでの撮影は難しくなります。
ただ画質レベルが他のカメラに比べてとても高く、
多様な場面に対応して撮影ができるので、写真愛好家に大変重宝されており、
一度使い方を覚えると手放すことができないカメラとなっています。