ネットショップは商品写真で決まる

ネットショップを運営する上で商品写真は売り上げを左右する
重要な要素です。詳しい商品説明が長々とあるよりも、
一枚のきれいな商品画像で売上は大幅に変わってきます。
そんな写真を撮るためには、どのような事に気を付ければよいのでしょう?

近年、カメラの性能の向上は目を見張るものがあります。
かつてはプロが使っていたようなハイスペックな一眼レフカメラが
今は誰でも買えるような値段で売っている時代です。
つまり、取り方さえ押さえれば誰にでもプロのような写真が撮れるのです。

カメラは光を記録する

写真を撮るにはカメラが必要な訳ですが、
そのカメラが記録するものは何かというと、それは「光」です。
被写体を撮っているとしても、光に照らされた被写体
という意味で光を記録しているといえるのです。
そのため、商品を上手に撮りたいなら、カメラを上手に設定する以前に
商品に上手に光を当てる必要があります。

スタイリングを整える

商品撮影をするうえでもう一つ大切なのが、背景です。
これは商品がどんなものなのか?どういうイメージで売りたいのか?
などによってどうすべきかが変わってきます。
また商品の置き方を変えたり、小物を使って雰囲気を演出したり
一言で商品撮影といっても様々な方法が考えられます。
こうしたことを「スタイリング」といい
商品撮影をする際、とても大切な要素となってきます。

撮影がおわっても

デジタルカメラの出現で大きく変わったのが
撮影後も画像を加工することが出来るようになったことです。
画像をパソコンに取り込み、画像処理ソフトを使うことで
様々な処理を施すことが出来ます。