ロード中...

スクリーンサイズからプロジェクターを選ぼう

必要な映写範囲に合わせた機種選び

会議やプレゼンテーションなどで映像を映写する際、
プロジェクターを使用するのは非常に有効な方法です。
プロジェクターには非常に多くの機種があり、
使用する環境や用途に応じて最適な物を選ぶことが大切です。
特に大画面での映写を行う際には機種選びを慎重に行わなければなりません。
プロジェクターの性能を表すもので、
ひとつの参考にすることができるのがルーメンという明るさの単位です。
このルーメンの数値が大きいほど照射する光が強くなるため、
大画面のスクリーンサイズや広い場所での上映に適しています。
機種を選ぶのに困った際には、スクリーンサイズをどれくらいの大きさにするかを、
ひとつの基準とすると必要なルーメン数が把握できます。
会議や小規模な上映会などでは、
2800ルーメンほどの機種を使用すれば十分鮮明な映像を映写することができますが、
300インチ以上の大きいスクリーンサイズが必要になる時には、
4000ルーメン以上の機能を持つ機種を選ばなければ映像のクオリティに影響が出てしまいます。

使用する環境や部屋の広さも重要

プロジェクターを選択する時に、
スクリーンサイズを基準にするのが最も手軽な方法ではありますが、
機器を使用する場所の環境によっても様々な影響を受けることがあるため、
そうした要素も考慮に入れて機器を選択することが大切です。
必要となるスクリーンサイズが比較的小さい場合でも、
部屋の照明を落とすことが出来ないなど、十分な暗さを用意できない時には、
ワンランク上のルーメン数を持つ機器を使用するのが有効です。
プロジェクターの映像は暗い場所ほど色や画像を鮮明に映すことができるため、
画質に気を使う用途で使用する際には、
機器の選択とともに上映場所の環境を整えることも大切です。
また、300インチ以上の大画面での上映の際には、
画面から機器までの距離が多く必要になります。
レンズを交換することで焦点距離を調整することも出来るため、
狭い場所で大きな画面が必要な際には、レンズ交換など使い方をよく把握しておくと同時に、
どれだけの焦点距離が必要になるかという知識を持っておくのも大切なことです。



営業時間
初めてのご利用 個人様
初めてのご利用 法人様
カメラについての基礎知識
 
プロジェクターについての基礎知識
 
ビデオカメラについての基礎知識
 
東京海上日動火災保険(株)代理店
保険代理店
|16×9 |Acer |ADTEC |AJA |AlienBees |ANTARI |Apple |Avenger |AZDEN |Beachtek |BlackMagic |BUFFALO |Canon |CASIO |Century |CLASSIC PRO
|COMET |CONTAX |COSINA |Creative Light |dedolight |DELL |DNP |EDIROL |ELMO |EPSON |Eye-Fi |FOCUS |FUJIFILM |GENUS |GITZO |GODOX |GoPro
|GREEN HOUSE |HAKUBA |HASSELBLAD |HORSEMAN |hp |I.O.Data |icom |IDX |Interlink |Jargy |K&M |KIC |King |KINOFLO |KIPON |KONICA MINOLTA |KPS
|Lastolite |Leica |LEXAR |Libec |LPL |MAMIYA |Manfrotto |MANHATTAN LCD |MIRION |muraro |National |NEP |Nikon |Numark |OLYMPUS |Oregon
|Panasonic |Photoflex |Profoto |QUICK SET |raynox |REDROCK MICRO |RODE |RYOBI |Sachtler |SanDisk |SDK |SENNHEISER |SHURE |SIGMA |SLIK |SONY
|Super Panel |TASCAM |TAXAN |TK |Tokina |UN |Velbon |Victor |Vinten |Xrite |YAMAHA |ZACUTO |ZOOM |アナミ海外 |イメージニクス |エツミ
|オーディオテクニカ |大西電機工業 |近代インターナショナル |ケンコー |サンスター |サンワサプライ |セットワークスジャパン |ナック |マルミ光機 |宮本製作所